風邪とインフルエンザの違い

風邪には特に流行時期は無く、一年を通してひくことがありますが、インフルエンザの場合、流行のピークは1~2月。4月や5月でも散発的流行は起こります。鼻水やのどの痛みなど局所的な症状である風邪と比較して、インフルエンザは38℃以上の発熱やせき、ノドの痛みのほか、倦怠感や関節痛を伴う全身症状が現れます。
インフルエンザはどうやってかかるのか?
飛沫・接触という2つの感染経路があります。

飛沫感染

インフルエンザに感染した患者がせきやくしゃみなどをした場合に飛び散った飛沫に含まれているウィルスを、他の人間が鼻や口から吸い込んでしまうことによって体内にウィルスが入りこむ形での感染です。

接触感染

インフルエンザの患者が、せきをおさえた手や、鼻水を手でぬぐうなどした後に、ドアノブ、電気のスイッチ、手すり、吊革などに触れてしまった場合、触れた場所にインフルエンザウィルスを含んだ飛沫が付着することがあります。その場所を別の人が触り、更にその手で鼻や口に再び触れることで、粘膜を通じて体内にウィルスが入りこむ形で感染します。
インフルエンザに感染しないためにすることは?

飛沫・接触の両感染経路を断つこと

  • ・人が多く集まる場所へ出かけたときなどは特に帰宅後の手洗いを心掛ける
  • ・アルコールを含んだ消毒液で手を消毒することも非常に効果的です
  • ・栄養や睡眠を十分にとり、抵抗力を高めること
予防接種を受ける

  • ・発症の可能性を減らし、重症化することを防げます
  • ・ワクチンの効果は5カ月程度
  • ・流行型が変わるので、定期的な接種が大切
もしかかってしまった時に、気をつけるべきポイントは?

「他の人にうつさない」ことが大切。同居する家族がいる場合は、重症化する可能性があるお年寄りと患者の接触は避けましょう。患者さん自身、出来る限り家族と離れて静養することが望まれます。

  • ・感染予防のため、1時間に1度・短時間でも良いので部屋の換気を小まめに行う
  • ・せきが出ているときにはマスクを必ずつける
  • ・看病で家族が患者と接触する際は、マスクを着用。接触後は、手洗いを
  • ・熱が下がって2日ほどは他人にうつす可能性があるので、自宅静養しましょう
感染拡大を防止する「せきエチケット」とは?

せき・くしゃみの症状が出てしまうのは仕方の無いことです。しかし、飛沫によって他のひとにうつしてしまう可能性をなるべく下げるために、気をつけたいのが「せきエチケット」です。

  • ・せきやくしゃみが出てしまう場合は、他の人から顔を逸らせましょう
  • ・ティッシュ・ハンカチなどで口と鼻を覆いましょう
  • ・せき・くしゃみが出る場合にはマスクを着用しましょう